第6回ふくしま復興 再生可能エネルギー産業フェア2017

ENGLISH

▶ お知らせ

出展者一覧

REIFふくしま2017 出展者一覧

福島県地中熱利用技術開発 有限責任事業組合(略:ふくしま 地中熱 LLP)
(Fukushima GSHP Development Limited Liability Parthership)

組合員企業による地中熱利用システムの取組みと新たな技術開発品を展示。

〇基本設計段階でのTCP試験の導入 (安価な簡易熱応答試験の導入)
〇長期間保障できる地中熱利用システムの技術開発
〇既存地中熱利用システムよりも更なるコスト削減の実現
〇補助金に依存しない地中熱利用システムの確立



商談等担当者(部署) 組合長 須藤 明徳
所在地 〒963-0725
福島県郡山市田村町金屋字新家110番地
TEL 024-943-2298
E-Mail akinori@ftk-44.jp
出展分野 地熱・地中熱・温度差

 当組合は、平成26年から「オールふくしま」の体制で地中熱の普及を推進してきた「ふくしま地中熱導入促進コンソーシアム」の後継組織として4月に発足した新組織です。
 組合員のメンバーは、新協地水㈱、福島コンピューターシステム㈱、㈲ジェイディエフ、ミサワ環境技術㈱福島営業所、㈱福島地下開発の計5社で構成。
 広く多様な地域特性を持つ福島県内において地中熱利用システムを導入する際に、地域性、風土、そして効率的なシステムを企画・提案・設計・施工・メンテナンス・コミッショニングまで組合企業が一貫して取り組む事が可能な組織です。
 県内で地中熱の導入を検討されている皆様に最適なプランをご提供いたします。